オトシティ

音楽初心者・学生向けの音楽情報ブログです。オススメの音楽やフェスやライブなどの楽しみ方を紹介します!

Android版「Apple Music」を使ってみた感想と使い方解説

ついに2015年11月11日、「Apple Music」がAndroid版(ベータ版)がリリースされました。ということでAndroidユーザーである私も早速使ってみました。

Apple Musicを利用するまでの道のり

インストールし、アプリを開くとこのような画面が登場。

f:id:dragon_post:20151111124645p:plain

 

3か月無料トライアルメンバーシップを開始」というボタンをタップし、個人月額980円のボタンをタップ。するとApple IDの「サインイン」を求められます。

f:id:dragon_post:20151111124722p:plain

 

itunesユーザーではなかったので、「apple ID」を作成しました。生年月日やメールアドレスなど必要な情報を登録。請求先情報も登録します。クレジットカードを持っていない方やクレジットの情報を入力したくない方はiTunes Cardでも対応可能です。実際クレジット情報を記入せずに利用することが出来ました。

f:id:dragon_post:20151111124745p:plain

 

これで無事登録完了。

 

利用スタートすると、お気に入りのジャンルやアーティストを選択する画面が登場。気になるものをタップするとその部分が大きくなります。お気に入りしたものは「For You」という機能に反映されます。

f:id:dragon_post:20151111124919p:plain

使ってみた感想

良かった点

・LINE MUSICやAWAにはいないアーティストがたくさん入っている

・洋楽とインディーズ系に強い

・サクサクと動く

・デザインがオシャレ

・今のところ音飛びや音切れがない

 

イマイチだった点

・フォローしたアーティスト一覧をMy Musicで見れない(アカウント情報から見ることが出来る)

・「再生画面などにあるハート」は「マイミュージック追加」ではない。そこの点がちょっと分かりにくい

・再生画面から選択できる「次に再生」と「次にこちら」はどういう違いがあるのか分かりにくい

 

6つの機能

ジャンルは「For You」「New」「Radio」「Connect」「プレイリスト」「My Music」となっています。

「For You」

f:id:dragon_post:20151111150534p:plain

ユーザーにおすすめのプレイリストやアルバムが表示されます。お気に入りした情報が反映されるので、自分の好きな曲やアーティストを見つけやすくなっています。

 

「New」

f:id:dragon_post:20151111125027p:plain

ニューリリースやapple musicに新しく加わった曲、音楽雑誌やappleスタッフなどによるプレイリストを聴くことが出来ます。

「Radio」

f:id:dragon_post:20151111125252p:plain

「トゥデイズJ-pop」や「2000年代ヒッツ」などジャンルごとに、ランダムで様々なアーティストの曲が流れる機能。新しい音楽と出会いたい方はこちらの機能がおすすめ。

 

「Connect」

f:id:dragon_post:20151111125449p:plain

お気に入りのアーティストとユーザーを繋ぐ機能です。フォローしているジャンルやアーティストの情報や音楽、アーティスト自らがアップした動画などが表示されます。

 

「プレイリスト」

f:id:dragon_post:20151111140347p:plain

自ら追加したプレイリストをここで聴くことが可能です。また自らプレイリストを作成することも出来ます。

 

「My Music」

f:id:dragon_post:20151111125525p:plain

My Musicに登録したアーティストやアルバム、曲が聴けます。

 

フォローしたアーティストが登録されるわけではありませんのでご注意を

 

My Musicの追加方法

アルバム単位でマイミュージックに追加する場合

アルバムを選択すると次のような画面が出てきます。

f:id:dragon_post:20151111183756p:plain

シェアボタンなどと並んで表示されている「+」ボタンをタップすると、マイミュージックに追加されます。

 

曲単位でマイミュージックに追加する場合

曲名一覧の右隣に表示される「・・・(タテ)」のマークをタップすると「+」ボタンが表示されますので、それをタップすれば曲単位でマイミュージックに追加されます。

 

再生画面の操作方法

f:id:dragon_post:20151111130717p:plain

下の列にあるボタンは左から「シェア」「シャッフル」「リピート」となっています。リピートは2回タップするとリピートボタンの左下に小さな1という数字が出ますが、これは「1曲リピート」を示すマークです。

赤い丸をタップすると次の表示になります。

 

f:id:dragon_post:20151111185716p:plain

マイミュージック(「+」ボタン)、プレイリストへの追加、ダウンロードはこちらから行うことが出来ます。ダウンロードすればオフラインでの再生が可能になります。ダウンロードすると下の画面からも分かるように曲の隣に「スマホマーク」が付きます。

 f:id:dragon_post:20151111151320p:plain

 

まとめ

操作方法の部分でまだ分かりにくいと思う点がいくつかありましたが、使うメリットはかなりあるなと感じました。何より曲数の多さはApple Musicの最大の魅力といえます。LINE MUSICやAWAにはなかった洋楽や日本のインディーズアーティストの最新曲を聴ける点はかなり大きなメリットです。また、デザインもおしゃれで、使ってて楽しいなと感じました。3か月間無料ということなので、Androidユーザーの方はぜひ利用してみることをおすすめします。

 

ビルボードやレコチョクなどの年間ランキングをまとめた「2015年オトシティ総合年間ランキング」を発表!

www.ongakuenjoy.com