オトシティ

音楽初心者・学生向けの音楽情報ブログです。オススメの音楽やフェスやライブなどの楽しみ方を紹介します!

音楽用語講座 「リリック」 「ライム」 「フロウ」

音楽用語講座のコーナーです。今回は、ヒップホップ用語でよく出てくる「リリック」と「ライム」、「フロウ」について解説します。

1.「リリック」

「リリック」とは歌詞を意味します。英語では「lyric」と書きます。

歌詞という意味以外にも「叙情詩」という意味もありますが、基本的には歌詞という意味で捉えて大丈夫です。

この「リリック」という言葉は主にヒップホップで使われる言葉ですが、他のジャンルでもよくに使われています。音楽雑誌を見ても言葉を目にする機会が多いので、覚えておきましょう。

2.「ライム」

「ライム」とは韻を踏むという意味です。

ちなみに韻を踏むとは、簡単に言うと母音(a i u e o)を揃えるという意味になります。

例えば「変更(e n o u)して転校(e n o u )」といった感じですね。

ヒップホップグループ「RHYMESTER(ライムスター)」やヒップホップアイドルグループ「ライムベリー」はここからきてるんですね。

3.「フロウ」

「フロウ」とは歌いまわし、歌い方という意味を指します。

ラップでは声の高低や強弱、テンポのスピードなどを上手く操る必要があります。

つまり、「フロウ」が非常に重要なポイントとなるのです。

 

この3つの用語をぜひ覚えておきましょう!

www.youtube.com

 

この方法だったら家入レオ、backnumber、ユニゾン、サカナクション、秦基博、クマムシも紅白に選ばれてたかも

www.ongakuenjoy.com

 

 

ビルボードやレコチョクなどの年間ランキングをまとめた「2015年オトシティ年間総合ランキング」を発表!

www.ongakuenjoy.com